中年研修医の日記



プロフィール

Jay

Author:Jay
神奈川県内の病院に勤める中年研修医
僻地病院で研修中



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

申し訳ありませんがfree mailのアドレスからは受信できません
名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



counter


rankingご協力お願いしますa



ブログ内検索



リンク



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他人の痛みはわからない
病気で入院している患者さんが、たまに口にするセリフで

「先生は病気になった事ないから苦しみはわかんないだろ」

反省しなきゃと思いつつも、その通りである。




今日は今週の最大のオペ、火傷の植皮手術があった。アル中&寝タバコで家が火事になって大やけどを負った人なので、正直、それほど同情の余地はない。

火傷の深さはかなり深いため、植皮が必要なレベルだ。火傷の広さはお腹に手の平3つ分ぐらいの3度熱傷。

体表面積の2%ぐらいで、入院する必要があるかないか微妙なところだ。正直言って外来治療を行って植皮の時だけ入院する、というのでも可能なレベルだ。

しかし、本人にあまり意欲がなく、動かない、歩こうとしない(40代だ!)ために入院したままでずいぶん経ってしまった。

火傷のオペは初めてなのでケッコウ興味があった。手の平3つ分と言っても見た目はかなり広く見える。植皮用の皮膚は両太ももの前面から取る。10センチ×10センチを2枚採取して、その皮膚に網目の切れ目を入れるカッターに通す。すると、採取した皮膚は数倍に広がるので、その2枚であっさり火傷部分を覆うことができた。

このカッター、驚くことに、網目の入れ方で元の皮膚の9倍まで広がるような切れ目を入れることができる。

オペは順調に終わり、きれいに植皮されて終了。あとは生着するのを待つ。




今日は昼にクリームコロッケで口の中を火傷した。上の歯茎がべろべろに剥けていて痛い

オペ中も痛くて舌でさんざん触っていた。

口の中の火傷を気にしながら、頭の中で考えていること

「この人、自分で消毒できればスグ退院できるんだけどな」

晩飯の時も、痛くて痛くて、火傷の側では咬むのが気になる。自分の痛みにはヒジョーに敏感だ。




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a

スポンサーサイト

テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


この記事に対するコメント
患者さんの火傷も、Jayさんの火傷も、リアルに痛いお話ですねv-395
痛さはよ~く解りますv-359クリームコロッケはもちろん、フライ物では良く火傷するんです私・・・
学習能力が無いのかも知れないv-393
【2007/08/23 09:42】 URL | chaming #-[ 編集]

>Chamingさん
痛さがよ~く解かるというのは見習いたいですっ
ベッドの上で足がツッてのた打ち回る患者さんを見て、くすくす笑ってしまう悪い医者ですv-14
【2007/08/23 21:51】 URL | Jay #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。