中年研修医の日記



プロフィール

Jay

Author:Jay
神奈川県内の病院に勤める中年研修医
僻地病院で研修中



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

申し訳ありませんがfree mailのアドレスからは受信できません
名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



counter


rankingご協力お願いしますa



ブログ内検索



リンク



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性を診察するということ
救急外来で診察するということは、その人の情報を一から聞いていかなければならないので、たいへんな作業であることは確かだ。あまり喋ってくれない人の場合は更に大変だ。

先日、夜間の救急当直で12歳の女の子を診察して、病院中で噂になるほど大恥を書いてしまった
12歳の女の子、主訴は「ベッドの柵をまたごうとしてお尻をぶつけて歩けない」

診察室に母親と入ってきたその子は、ナントカ歩いているものの腰を折り曲げてベソを書き、椅子に座ることもできない。なので、すぐ診察ベッドに寝かせると、母親が

「ベッドで滑ってどこかぶつけたらしいけど、あまりに痛がるから一応つれてきました」

馬鹿馬鹿しいけど、一応つれてきましたという感じで、母親は半分笑っていて診察に協力的でない。

本人に痛いところを聞くと、どうやら坐骨(大腿骨の付け根でお尻の出っ張っているところ)辺りを痛がる。ベッドの柵をまたいで、柵の上にお尻をぶつけたのか?一応、軽いすり傷ができている。

しかし、それ以上に診察しようとすると、仰向けにもなれない、足を上げることも開くことも伸ばすこともできない・・・整形外科的な診察をまったくできない。大人だったら少々痛がっても診察のためと言って無理やり関節を動かしたりしてしまうのだが、いかんせん、まだ小学生で、ちょっと何かやれば大泣きしてしまう。

どうにも診察のしようがなく、骨盤、坐骨のレントゲンを撮った。一番痛いと言うのが坐骨だから、坐骨の骨折を疑ってだ。

結果は、骨折などまったくなく、その旨を説明して、痛み止めと湿布で帰ってもらった。この辺まではよくある症例だ。

そして、朝7時、当直終了の時間になって、フッと持ってこられたカルテを見ると、またまたその女の子だった。もう、朝の小児科業務が始まるので診察する気はなかったが、チラッと母親に挨拶すると、

「なんか、ぜんぜん違う、お股のところが腫れてオシッコ出ないんです」

さすがの女の子も観念したか、パンツを脱いで足を開くと、前の方から陰部が真っ黒に腫れている。昨夜に痛がっていた場所とはまったく違う。

「こりゃ痛いね、日勤のものが診察しますからね」と言ってその場を去った。

夕方頃になって、赤ちゃん診察のために産婦人科病棟に行くと、ナースステーションでなんだか憤慨した会話が聞こえてくる。

「あの女の子、股をぶつけてあんなに出血するなんてね~」
「恥ずかしくて言えないだろうけど、あれだけひどいと将来、使えなくなるよ」

などという会話の中に

「でも昨日の夜、救急に来てたらしいですよ。ほら、カルテ」
「痛み止めと湿布で帰してるの?」


実は、日勤の医者が診察したら、股だけでなく、尿がまったく出ない、下腹部痛、血液検査で明らかな貧血・・・など、いろんなひどい状況だったらしく、造影CTを撮ると陰部の動脈が破裂して800ccぐらい出血していたらしい。膣からもかなり出血していたらしい。

言い訳になるが、僕が診察した時には坐骨部分しか痛がってなかった。そして、その他の診察にはまったく協力してもらえず、帰るときにも納得して帰ってもらった。しかし、女医が診察していたら、状況は変わったかな?と思うと、やはり申し訳ないと思う。

おかげで、大出血の女の子を痛み止めで帰したという悪評が病院中にたってしまった。

12歳の女の子ということで、感受性の強い時期だろう、女性を診察するというのは大変なことだと思った。
スポンサーサイト

テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


この記事に対するコメント
医者は男女を超えた存在である。
と思って産婦人科医の男の先生に診てもらったことがあるけど、できれば女医の方がいいよ。Jayがじいさんだったいいけど、まだ若いからね
患者としても、快く「診て下さい」とはいかない場合もあるね。難しいね。
【2007/11/28 02:06】 URL | Keru #-[ 編集]

ドンマイ!!
これも経験だから。
次に同じ事とをしなければ、今回の事は活かされる!!
ベテラン医師になってするより、新米の今で良かったと思うようにしよう。。。
失敗は成功のマザーだからね^^
【2007/11/28 13:40】 URL | はまぴー #-[ 編集]

こわ~~~
患者が協力してくれないと話にならないですね、、、
しかも母親にも本当の事を言わなかったってのが不思議です。
お医者さんって診察だけじゃなく「接客」もな職業なんですね、、、尊敬します。
それより看護婦さん達の「将来使えなくなるよ」が物凄く恐ろしいです。笑
【2007/12/03 01:06】 URL | ゆんゆん #TBb5cWT2[ 編集]

うちに来る患者も、そんな感じです。
だから、看護師が根掘り葉掘り問診しておかないと、
先生の診察がストップしちゃって、
もうー大変。
ストレスフルですよね。ほんと。

そうそう、明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
お体にはどうぞ、気をつけて。
【2008/01/02 01:28】 URL | ゆきえ嬢 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。