FC2ブログ





中年研修医の日記



プロフィール

Jay

Author:Jay
神奈川県内の病院に勤める中年研修医
僻地病院で研修中



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

申し訳ありませんがfree mailのアドレスからは受信できません
名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



counter


rankingご協力お願いしますa



ブログ内検索



リンク



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デジカメの電池ぐらい売ってろ
カメラのバッテリー残表示なんぞ全く当てにならない。

腹立たしいことに、アラートが出てから一枚撮ったら終了だ。せめて半分ぐらいで警告がでたら家から持ってくのに。

そして、こんだけデジカメが普及してんだから観光地で電池ぐらい売ってろ!

いまだに使い捨てカメラとフィルムカメラのバッテリーしか売ってない
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:モブログ


箱根
20070824195004
宿の番犬だ

夏休み
今日から3日間ようやく夏休みだ。

一泊で箱根にいく。何度か泊まったコトある宿だが、飯がウマイので楽しみだ。

20070824104805.jpg


テーマ:携帯より - ジャンル:モブログ


なぜ転ぶ?
今日は転んで顔に怪我をした人がたくさん来た。

形成外科は外傷も扱うので、怪我をしたヒトはトーゼンたくさん来る。それにしても今日は転んで顔に怪我をした人がたくさん来た。



目の上から顎までマダラにアザのできた60代のおばさん。
「散歩してて転んだんです」
顔は皮膚が薄いので、皮下に血がたまるとアザとして目立つ。このおばさんも、眉の辺りを打っただけなのだが、そこからの内出血が重力で下に下りてきて、顎までマダラになっている。



英語の紹介状がついてきた15歳の女の子。
紹介状を読むと顔中のアザと鼻骨骨折があるという。診察室に入ってもらうと、鼻から唇にかけてアザだらけ。
「走ってて転んだんです」
鼻骨骨折ははっきりしなかった。
擦り傷の治療だけだ。

その後、英語の紹介状に対して返事を書くかどうか部長先生と議論になった。日本の病院では、よその病院から紹介状をもって来て受診した患者さんには、ちゃんと相手のドクターに返事を書く。果たして外国でもそういう習慣があるのかどうか?

部長先生は英語が嫌いなので、僕が適当に返事を書いた。会話ならともかく、さすがに英文手紙の書き方はよくわからない。適当にそれらしく書いてしまった。まぁ、署名したのは部長先生なので知らん顔しておこう。



・・・いろいろな顔に怪我をした人たちが来た。

今日は夕方の診療もあったので、夕方の病棟の仕事が終わると、再び診察室へ。夕方の診療は5時から7時までだ。

「夕方の診療は、最初と最後しか患者がこないからヒマなんだよな」

と部長先生。その言葉の通り、5時前に来院した患者さんたちが3、4人おわると誰もこない。部長先生とさんざん下らない雑談をしていると、時計は7時5分そろそろ終わりかなぁと思っていると看護婦さんが飛び込んできて

「転んで顔が血だらけの人が来たのでお願い」

全く部長先生の言葉どおり、ホントに最初と最後しかこないとか思って・・・で、診察室に入ってもらうと、なんと顔見知りの病院の職員

Tシャツもジーパンもサンダルまで血だらけになってメソメソ泣いている。ハンカチで口を押さえているので外してもらうと、前歯一本折れて唇が2センチぐらい切れていた。

「いま帰ろうとしたら病院の目の前で自転車でこけちゃった

仕事中はキリッとしているコなので、こんな姿は初めて見た。

「こんなところで先生と会うなんて

弱っているとかわいらしく見える。帰りがけに

「歯は折れているけど、顔にあとが残るような怪我はしてないから」

と慰めかどうか微妙な言葉をかけた。




転ぶことは誰でもあるだろうが、みんな、転ぶときには手を付こう彼女たちは、誰ひとり手に怪我をしていなかった




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


他人の痛みはわからない
病気で入院している患者さんが、たまに口にするセリフで

「先生は病気になった事ないから苦しみはわかんないだろ」

反省しなきゃと思いつつも、その通りである。




今日は今週の最大のオペ、火傷の植皮手術があった。アル中&寝タバコで家が火事になって大やけどを負った人なので、正直、それほど同情の余地はない。

火傷の深さはかなり深いため、植皮が必要なレベルだ。火傷の広さはお腹に手の平3つ分ぐらいの3度熱傷。

体表面積の2%ぐらいで、入院する必要があるかないか微妙なところだ。正直言って外来治療を行って植皮の時だけ入院する、というのでも可能なレベルだ。

しかし、本人にあまり意欲がなく、動かない、歩こうとしない(40代だ!)ために入院したままでずいぶん経ってしまった。

火傷のオペは初めてなのでケッコウ興味があった。手の平3つ分と言っても見た目はかなり広く見える。植皮用の皮膚は両太ももの前面から取る。10センチ×10センチを2枚採取して、その皮膚に網目の切れ目を入れるカッターに通す。すると、採取した皮膚は数倍に広がるので、その2枚であっさり火傷部分を覆うことができた。

このカッター、驚くことに、網目の入れ方で元の皮膚の9倍まで広がるような切れ目を入れることができる。

オペは順調に終わり、きれいに植皮されて終了。あとは生着するのを待つ。




今日は昼にクリームコロッケで口の中を火傷した。上の歯茎がべろべろに剥けていて痛い

オペ中も痛くて舌でさんざん触っていた。

口の中の火傷を気にしながら、頭の中で考えていること

「この人、自分で消毒できればスグ退院できるんだけどな」

晩飯の時も、痛くて痛くて、火傷の側では咬むのが気になる。自分の痛みにはヒジョーに敏感だ。




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


ヒマな研修医の一週間
今月は記録的に頑張ってブログの更新をしている。
なぜなら「ヒマ」だからだ。

申し訳ないことに(当然の権利だが)今月は同期の研修医の中で最も暇な毎日を過ごしている。ざっと先週のスケジュールを書いてみる。

月:08:30-13:00外来 14:00-17:30他院救急搬送に同乗 
火:07:45-08:30カンファ 08:30-17:00病理検査室
  17:00-19:00カンファ そのあと病理部長と晩飯
水:08:30-13:00外来 14:00-17:00外来オペ
木:08:30-13:00外来 13:30-16:00外来オペ
  16:00-18:30事情聴取 18:30-19:00外来
  19:00-07:00救急当直(睡眠時間2時間)
金:08:30-13:00外来 13:30-16:00外来オペ
  16:00-17:30救急患者の処置手伝い
土:07:45-08:30カンファ 09:00-12:00外来と病棟処置
日:07:00-19:40救急当直

カンファレンス→教育的な講演のようなもの
事情聴取→産婦人科のときの一件で参考人の一人になっている

先週は部長先生が3日間休んでオペが少なかったし、救急当直が2回だけだったので、ホントーにヒマな一週間だった。
早く家に帰ると、やることは

ギター>ジョギング>勉強

の順番なので、いっこうに勉強ははかどらない。


こんな生活、6月までは考えられなかった。研修医の仕事は病棟の管理がほとんどで、外来を診ることはまずない。そのため、入院患者がいない科は研修医にとっては本当に楽になる。

ちなみに、いまの形成外科での「外来」とは、ほとんど外来の手伝いで、予診をとるのと、縫合だけですむ外傷の処置だ。

異常なほど忙しいといわれる病院なのだが、1年目の12ヶ月のうち5ヶ月は比較的楽な科をまわる。みんなその「楽」を享受するわけだから、ここしばらくはムリに頑張ってる振りなどせず、存分に楽しんでやろうと思う。




昨日の記事で「紫の聴診器」がウケていただいたので、写メを撮ってきた。実際よりもかなり紺色に写ってしまった。隣においてあるのが「青」の駆血帯なので、その比較でどのくらい「紫」だか想像していただきたい


聴診器





最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


医者のミテクレ
僕は紫が好きだ。
理由はわからない。

ただ、紫って色はあんまりウケのいい色ではないのは解かっている。


客商売だったら、ミテクレに気を使うのは当然だ。
ジーパンTシャツの銀行員に金を預けたくはないし、リクルートスーツの美容師に髪を切ってもらいたくもない。

以前、母親が急病で入院した時、某都立病院の当直医室から出てきたのは、ラッパーみたいなボサボサ頭のヒゲもじゃワカゾーだった。
僕はそのときまだサラリーマンで、医学部を受験しようと思い始めたときだったので、医者もミテクレが重要だとつくづく思った。


実際、自分が医者になって働き始めてみると、あまりの忙しさに、カッコなんてどーでもよくなるヤツの気持ちが良くわかる。当直明けで脂でベタベタの髪をわざわざブラシで梳かす気にもならないとか、女の子だったら化粧なんてしてらんないとか・・・当然、白衣も汚らしいまんまとか、当直着のまんまとかでもしょうがない気もする。

でも、やっぱ客商売というか、人相手の仕事なので、僕はなるべくキタラナシくならないようにしている。白衣も清潔そうに見えるのを着ている。

でも、そうやってミテクレに気をつけると、どうしても自分の好みが出てしまうのも事実だ。白衣のネームはどれも紫の刺繍、聴診器も紫。

でも、紫の聴診器はちょっと安っぽく見える。
いま欲しいのがコレ

やっぱりこういうのをもっている医者には診られたくないと思う人が多いのだろうか?




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事


世間は盆明け
今日は救急の日勤だった。

世の中では盆休み最後の週末なんだろう、仕事が始まる前に病院行っておこうというような感じの人たちで、日曜とは思えないほどごった返していた。

そして、それはサーファー客も同じらしい。サーフィンが盛んな土地なのでサーフボードで怪我をしたヒトは一年中やってくるが、今日は呆れるほど怪我したサーファーが運び込まれてきた。

波が高かったらしい。

救急車も、WALK INも怪我人サーファーが大量に来た。
僕も今日は二人縫ったのだが、一人は千葉から来て初めてのサーフィンという女性。他人のボードが顎に直撃して、傷は小さいながらも下唇の下に口の中まで貫通する傷。かわいそうに、このコは二度とサーフィンやらないだろう。

日勤は19時で終わりなのだが、今日は異常なほどの外来患者の多さに帰るに帰れず、1時間ほど余計に働いてしまった。

そして、親と晩飯を食う約束をしていたので急いで帰ると、江ノ島の知り合いのイタリアン・レストランに行こうと言う。

行ってみると、江ノ電の江ノ島駅から歩いてすぐの、外観の目立つ店だった。こないだ江ノ島に来たときに、良さ気な店だなと思ったところだった。

pico


そこそこ広い店内は、若いヤツらでごった返していた。病院のごった返しとは全く年齢層が違うが、盆の最後の週末をエンジョイということでは同じだろう。


店内もきれいだったが、従業員の教育がなっていなかった。若者相手の店だからそれで良いのか?料理もまぁそれなり。なんとなんと、クリームソース系の料理がなくって、パスタもピザもトマトソースばかりだった。

別にイタリアンオタクではないが、ちゃんとしたイタリアン・レストランとは認定できない。

pasta


最後に食ったニョッキはそこそこウマかったが。

盆も週末も関係ない僕だが、来週末は夏期休暇で3連休だ




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


ほくろと将来
今日は早々に病院を出て、久々の友達と会いに都内まで出た。

山口ん時の友達と都内で会うなんて、しかも僕の実家のソバで、かなり奇妙な気分だったが、1年ぶり&1年半ぶりなのに全くブランクを感じないで楽しかった。


...READ MORE

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記


手術のリスク
今日は通常なら外来診療はないのだが、一人だけ、昨日オペの方の状態を確認したいため、外来に来てもらった。

こめかみの辺りに直径3センチぐらいの柔かいブヨブヨがあり、正面から顔を見るとバランスが悪いということで、切除希望の方だ。

オペは外来手術で行い、経過も外来で診る。

顔のオペの時は、神経走行が細かいため、ちゃんとやってもどこかしらに麻痺が出たりする。

この方も、一時的だろうとは言え、切除した側の眉毛を動かす筋肉の動きが悪かった。整容的にはきれいになっているのだが、顔の筋肉は微妙な動きの違いでも目立ったりする。

しばらく内服治療が必要だが、果たして完全に動くようになるかどうかちょっと心配だった。




最後まで読んでくださった方
よろしくお願いします→a


テーマ:研修医のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。